2012年04月17日

エリカラ生活

エリザベスカラーをつけたウサギというのは本当に大変です。

いや、犬でも猫でも大変なんだろうけど、体の構造上ウサギは特に大変な気がします。


ごはんは、最初は牧草と葉野菜だけをあげていました。

手術の前はサイコロのカタチに切った人参とペレットと牧草でしたが、とにかく器から上手に食べるのが難しいふらふら


葉野菜だと食べやすそうなので、サラダ菜、小松菜、チンゲン菜、大根菜等々を中心に、あとは牧草を大量に。


人参がとにかく大好きなのですが、与える時には飼い主がお手伝い。
P3291595.JPG





牧草もケージの床にそのままモサッと置いておくと、相棒がカラーを使ってブルドーザーの要領ですくって食べていました(´∀`;


おそらくウサギのエリカラは存在しないハズで、犬猫用のを使っていたので相棒にはかなり幅が広い。

そのせいもあって最初は本当に何でも食べにくそうでしたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



なので相棒がキャッチしやすいように、プラスチックのカップに野菜スティックのようにして人参や葉野菜をあげたりしていました。


エリカラの角度的に高さがあったほうが食べやすそうだったので。


食糞ができないので栄養が足りなくなるかもとも思い(先生には牧草と野菜で充分と言われましたが、買える野菜の種類が多くないので)、3日目くらいからペレットもあげました。


ガムテは、飼い主の試行錯誤の跡ですたらーっ(汗)
P3291591.JPG



これでも上手に食べられる時と、例によってブルドーザーのように突っ込んできてペレットをほとんどこぼす時がありました。


というか、始めの頃はほとんどこぼしてましたふらふら


ブルドーザーでかろうじてすくえたやつを食べてたりねたらーっ(汗)




でも、ウサギってホントに頭がいいなと感心したのは、相棒がミニブルドーザーと化すたびに体を支えて首の角度を合わせていたんです。


そしたら相棒もそのままの姿勢で突っ込むとダメだと学習したらしく、ちゃんと一旦首をすぼめてこぼさないで上手にペレットを食べられるようになりましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


器も、多少改良されてますが(´∀`)
P3301600.JPG






牧草もモサモサある時には食べやすいのですが、少なくなってくるとなかなか相棒のお口にキャッチされないのでワラボールを吊るしてみたりもしました。


相棒も自分なりにいろいろ頑張っているように見えましたが、やっぱり不便なことはたくさんあったようで。


遊んでてとれなくなったらしい(笑)
P3291592.JPG



それと、やっぱり距離感が難しいらしく、ナデナデの催促が近い。クスクス(´艸`o)゚.+:
P3291598.JPG



こんなにケージのギリギリまで来られると、エリカラもしてるからナデナデが難しかったですたらーっ(汗)


ごはんを食べるのはどんどん上手になっていったけど、この近さだけはずっと変わりませんでしたね(笑)









posted by ハーネス at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

相棒と飼い主の本当の試練

手術が無事終わって、食欲も戻りそのまま順調に回復すると思われていた相棒。




その相棒は・・・・・・













今日も元気ですグッド(上向き矢印)
P4151718.JPG





でも、こうなるまでには本当に大変でした。


術後4日目の夜、何気に相棒のおなかを見てみるとなんとなく、生々しい皮膚感が。。


何回も病院に連れていかれたおかげで抱っこをものすごく嫌がるのできちんと確認できず、翌朝もう一度覗き込んでみると、やっぱりなんかヘン。


どうも、皮膚が開いているように見えるんですふらふら


本人は至って元気で、ごはんを完食した上に飼い主が起きた時には食卓で待機していたくらいです。


でもさすがにこの生々しい感じはマズイと思い病院に電話をすると、すぐに連れて来てくださいとのこと。


嫌がる相棒をキャリーバッグに入れて、病院に向かいました。


そして、先生に抱っこされてビックリ。


3センチくらい、ぱっくり開いてましたがく〜(落胆した顔)


縫合は皮膚の内部で一度、吸収される糸を使って縫ったあと、黒いナイロンのような糸で補強していると説明をされたのですが、相棒はそのどちらも、自分で抜いてしまったようでした。


普通は内糸はそんなに簡単に抜けるものじゃないので、食糞もできなくなるしエリカラはやめようと言っていたのですが・・・


実は、前日に黒い外糸をひとつだけ見つけたんです。


寝ている時になんかブチブチ音がすると思って見ると、抜けた糸が落ちていましたあせあせ(飛び散る汗)


でももう4日目だし一針分しか抜いてないみたいだし、すぐにやめたのでそのままエリカラは付けずに寝たという話を先生にすると、「この傷の開きようは昨日今日抜いた感じじゃない。内糸も外糸も一本も残っていません」と言われました。


私は手術の後、ちょっとした買い物以外はずっと家にいて見張っていたのですが、おなかを気にする様子は本当になかったんです。


でも、見てないところでやっちゃったんでしょうねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


これはまたすぐに縫い直しをしなきゃいけないと言われ、「また麻酔するってことですか?」と聞いたら「当然です」と。


麻酔が心配で超音波の検査もためらっていたのに、また麻酔をしなきゃいけなくなるなんて。


相棒にとっては3回目の麻酔。


麻酔自体は一回一回体から全部抜けるそうなのですが、問題は体力が無くなることなんだそうです。


でも開いた傷も化膿してるし、菌が体の中に入ってしまったら大変なので即日縫い直す必要があると言われ、相棒を病院に預けて家に帰りました。


ものすごく、不安と後悔でいっぱいでした。


ウサギはエリカラをつけないほうが多いとはいえ、相棒の様子を見て最終的に判断したのは自分だし、相棒に何かを要求するのは無理だから、これは飼い主の責任だとすごく悲しくなりました。


その日は他の患者さんの手術があったようで、何時になるかわからないと言われていたので不安と緊張でいっぱいいっぱいになりながら午後を過ごしました。


そして夕方、病院からの電話を待ちきれずにこちらからかけてみると、無事に終わって麻酔からも覚めていますとのこと。


とりあえず安心して、指定された時間にお迎えに行きました。




そして帰ってきた相棒は、こんな姿にもうやだ〜(悲しい顔)
P3281583.JPG




開いて化膿していたところは切除して、健康な皮膚同士を縫い合わせたそうですが、今回はとにかく菌が入らないようにするため内糸は使えないそうで、外の黒い糸だけの縫合なんだそうです。


そのためとにかく傷を守らなきゃいけないということで、2週間はこの状態だと思ってくださいと言われました。


2週間・・・。


エリカラだけでもあんなに嫌がっていた相棒に、こんな姿で2週間もいさせるなんて。


でも、もう先生の言う通りにするしかありませんでした。


また何かあって時間がかかってしまってはそれこそ相棒がかわいそうだと思い、心を鬼にしてエリカラも絶対に外さないと決心しました。


本人は、帰ってきてすぐに食べ始めるほど元気でした。
P3271576.JPG



傷も今回は内臓に触れていないせいか痛くないようでした。


でもやっぱり慣れないせいか、ちょっと戸惑っていました。
P3271580.JPG





なでなでされると落ち着くようで、頻繁に要求してきます。
P3271581.JPG



P3281585.JPG



P3281589.JPG



後ろの視界が悪いせいか、頭以外のところを触られるのは嫌がってたけど。


そして、相棒ができる限り快適に過ごせるようにと、飼い主の試行錯誤が始まりました。







posted by ハーネス at 12:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

術後3日〜4日目。

手術してから3日目の朝。


●のほうもほとんど普通の状態に戻りましたわーい(嬉しい顔)

P3251561.JPG





相棒の食欲も8割方戻ってきた感じです。


いつものようにごはんの後そのまま食卓でウトウトする姿も見られました揺れるハート

P3251562.JPG





ヒーターを出してあげると、やっぱりおなかが寒いのかずっと乗ってます。


基本的にこのヒーター&毛布の組み合わせは大好きだからね(´∀`)

P3251564.JPG





相棒お得意のトイレで出しながら食いもするようになりました。


お行儀がすこぶる悪いわね(笑)

P3251565.JPG





さすがに抱っこはイヤがって逃げます。


そのイヤがりようがハンパないので、それを見ると申し訳ない気分でいっぱいになりますバッド(下向き矢印)




あと、よく見ると右のお手手の毛も剃られておりました。

P3261570.JPG





そう言えば手術直後は絆創膏みたいのしてたような・・・


手術中に何かあった時にすぐ処置ができるように、管をつけた状態で開腹するんだそうです。




毛がある動物って、無くなるとものすごく不憫な感じになるよね。


人間もね・・・





ヒーターを出したので必要ないのですが、かわいいのでまた腹巻してみましたわーい(嬉しい顔)


何このポーズ(笑)

P3261571.JPG





でもこれ、犬用だから相棒が元気に動くとすぐ脱げちゃうのが難点。


気付くと巻きスカートみたいになってるたらーっ(汗)


でもサイズを小さくしたところでウサギの体の構造上、ずっとしてることはできないだろうなダッシュ(走り出すさま)





ちなみにお薬は人参ジュースに混ぜてあげるとちゃんと飲んでくれます。

P3261573.JPG





ずっとこうだといいんだけど・・・




食欲も●も意外に回復が早かった相棒。


このまま順調に抜糸の日が来るのを待つのみ。

















・・・・・・と思っていた飼い主が甘かった。


本当に大変なのはこれからでした。


posted by ハーネス at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。